初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

A2級女性レーサー3人の戦績等を見てみる

以前の記事で6/1から開催されるヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップの紹介をしました。出場する選手、注目選手などを記事で紹介していましたが、今回は残っていたA2級の選手3人を紹介いたします。

以前の記事については下記からご覧ください。

kyotei.hatenadiary.jp

それでは、A2級選手3人を紹介していきます。

 

平田 さやか

まずは平田さやか選手です。94期東京支部に所属し今期も勝率5.57と高い成績を出しています。残念ながら直近のポカリスエットカップでは転覆してしまいましたが、常滑シンデレラカップでも大いに期待できる選手だと言えるでしょう。

  • まくりが得意
  • 最近は差しもめきめきと上達中
  • 夏場は苦手、冬場が得意
  • 1、2コースに来た時に3連対は安心、スタートタイミングを見てもインは得意っぽい
  • 実は6コースが期待、3連対率が57.1%
  • 常滑はあまり得意ではないっぽい

趣味はルービックキューブだそうです。

 

落合 直子

次は落合選手です。大阪支部の94期で、上記の平田選手とは同期ということになります。平田選手とは同じA2級ですが、落合選手は既に3回の優勝経験があります。最近だと2015年5月の九州プロレス杯です。

今期は非常に好調で勝率は6.13と高水準です。どのコースからも5割以上の3連対率を出しており、特に1コースと3コースでは1位が多く、4コースならほぼ確実に3連対を狙える成績です。

常滑は得意というわけではないようですが、今回のレースでも非常に期待できる選手だと言えるでしょう。

特徴としては

  • スタートが女子選手の中ではトップクラスの実力
  • 3コースも強い、スタートタイミングはほぼベスト(まくりのほうが得意?)、4コースもスタートタイミングが良い

 

山下 友貴

3人目は山下選手です。静岡出身の101期生。上の2人よりは少し後に入ってきた選手ですね。今期の成績は落合選手を上回る6.27です。とりわけすぐれているのが1着の多さです。データを見ると1コースでの勝率がずば抜けて高いので、そこが今期は強いのかもしれません。

優勝経験も既に豊富で少し前ですが、2012年と2013年の2年間でなんと5回も優勝しています。地力の非常にある選手だと言えるでしょう。その分、ここ最近優勝がないのが気がかりではありますが、2016年後期にはA1級に昇格もしていますので、その実力はますます上がっていると考えてよいでしょう。

特徴は

  • とりわけ目立った強みはないが、何でもできるオールマイティーさが魅力
  • まくり差しは上手。なので3、4コースの時は期待してもいいかも
  • 1コースが圧倒的に強い
  • 常滑はわりと良い成績

Aの皆さんは皆そうですが、この山下選手は今期の好調ぶりを見ても非常に期待できそうかなと思いました。

 

レース動画を見てみること

さて以上、ざっと3選手の特徴を見てきました。何となくわかったように思いますが、これだけで当日の投票を判断するのは難しいです。やはり実際のレースの様子を見てわかることもたくさんあると思います。また、上記の数字も男子との混合戦を含めての数字ですから、女子戦ではまた違った姿も十分に考えられるでしょう。

大山千広選手の勝ちへのこだわり?

そんな感じで動画を見ていて印象に残ったのは、大山千広選手です。大山選手はお母さんがボートレーサーということで有名なのだそうですが、そこは抜きにしてもレースを見ていると、とにかくぐいぐい攻めている感じが伝わってくるんです。

最初のターンマークでは後半にいても、徐々に徐々に上がってきて、最終的に3位や2位に入るなんてことも珍しくありません。本人がどう思っているかはわかりませんが、こちらから見るとその勝利への執念のようなものには大いに期待してしまいます。

 

 

というわけで、上記3選手もレース動画を見て、じっくりと参考にしたいと思います。