初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

ギャンブルに勝つのは難しいからやるべきではない?

前回の記事ではこれまでの投票の反省について述べました。いろいろありますが、要はやみくもに投票するのはやめて、きちんと戦略を明確にして臨みましょうということを考えました。

 

ギャンブルで勝つことは可能か?

同時に考えたのは、そもそもギャンブルで勝ち続けるのは可能なのかということです。今後ボートレースをどれだけどんなふうに続けていくかを決める上で、非常に重要なポイントだと思いますので、書籍を2冊購入しました。それぞれリンクを置きますので、良かったらご覧になってみてください。2冊目は途中ですが、1冊目はなかなか面白かったです。 

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

 
使える!確率的思考 (ちくま新書)

使える!確率的思考 (ちくま新書)

 

今回はそのことについて書いていこうと思います。

結論としては難しい

けっこう難しい本でしたので、私の理解が追い付いていない部分は多数あるのですが、書籍の中ではギャンブルで継続的に利益を出し続けることは非常に難しいという話だったと思います。実際、どのギャンブルにおいても、専門家ですら元本割れをするのがほとんどだそうです。

ただし、確率的な考え方でできるだけ負けを少なくする方法ならあるから、それをやれば適度にギャンブルを楽しめるから、そうすりゃいいんじゃないかということです。

また、ギャンブルは最終的に負けてしまうというのが結論ではあるものの、試行回数が十分ではない、限られた回数によって、ある程度上向くことも不可能ではないとのこと。

以上のように、確率的には勝ち続けることは難しいですが、特定の条件によっては負けを少なくする、また大勝ちすることも不可能ではないとのことでした。

 

どう賭け事と付き合っていくのがよいのか?

ざっというと、上記のようにギャンブルに勝ち続けることは、限りなく難しそうな感じでした。それを踏まえたうえで、いまいろいろと勉強しているボートレースとどうかかわっていくのかを考えてみます。

趣味として楽しむ

もともとそれで食べていこうと思っていたわけではないですが、「趣味」という位置づけで楽しむのが一番健全かなと思います。勝ち負けを追いすぎずに、自分なりに予想をして、その結果を楽しむという感じです。

自分なりの予想を考える過程で学びと成長を得られる

特に大切にしたいのは、自分なりにこれならいけるという賭け方を考えることです。結論を出すにはボートレースの知識はもちろん、冒頭で紹介した書籍から得られるようなギャンブルの法則とか考え方も必要になるはずです。

それらを勉強して、自分で考えて結論を出す、そうしたプロセスを得られることこそが、今後ボートレースに取り組む大きな意味になるのかなと思っています。そこで得られた知識や経験は、今後の人生においてもきっと糧になるはずです、多分。

 

自分の人生、余暇の中にギャンブルをどう位置付けるか?

ということで、ボートレースに限ったことではなく、ギャンブル全般をやる時には、それを自分の人生の中でどう位置付けるかというのが重要なのかなと思いました。

仕事としてとらえるのはかなり危険です。なぜなら、上記のようにギャンブルで継続的に勝つのは難しいので、それで生活をしていくのはほぼ不可能だからです。

人生の目的・目標に関連付けられるか

そうなると、多くの場合は趣味になるとは思うのですが、これだとちょっと曖昧すぎる気もします。そこでそれによって自分にどんなメリットがあるかを利益以外で考えてみると、うまい具合に運用できるのかなという気もします。私の場合は上で書いたように、ボートレースとギャンブルの勉強です。実際、本を読んでみて結構楽しかったですし、何かしら今後の意思決定に好影響を与えるかもって感じの情報も多分得られたような気はしています。

自分なりのルール作りをする

そうは言っても、趣味と考えるだけでは、どうしてもどハマりしてしまう可能性もあるでしょうから、どれだけやるかというのを事前に決めて、それをやぶらないだけでの仕組みづくりもしておくとよいもとも思います。そうすることで、より健全にボートレースを楽しむことができるはずです。その辺もおいおい考えてみようと思います。

賭け方のルールという点については、冒頭の書籍であった負けづらい賭け方、それをしっかりと実行していこうと思います。

 

女子戦の研究をする

ということで、まずは女子戦について勉強しようと思います。

  • どんな選手がいるか
  • 男子と決まり手がどう違うか
  • いつあるか

そのあたりについて調べてみます。