初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

レース場を比較して投票する場所を絞ってみた

前回の記事では舟券を的中させるためには、どういったヒントや方法があるのかということを考えました。ネットを参考にいろいろ見ると、役立ちそうな考え方はたくさん語られています。詳細は下記よりどうぞ。

kyotei.hatenadiary.jp

 

予想しやすそうなレース場はどこか?

その中の1つに「場を絞る」というポイントがありました。場ごとの違いというのを見ていると、実は各場さまざまな点で異なっていることがわかります。そこで場ごとのデータを比較してみて、予想しやすそうな場を考えてみようと思いました。

ポイントとして考えたのは

  • インコースが明らかに強いコース
  • SG・G1・G2の時のコースごとの勝率
  • 優勝戦の時のコースごとの勝率

条件を絞ってみた時に当たりやすくなりそうなところを見ていきました。

3場に絞ってみた

各場を比較して、最終的に

  • ボートレース三国
  • ボートレース徳山
  • ボートレース唐津

この3つに投票することに決めました。

三国に決めた理由

いずれの場も基本的にはインが強いというのが選定の理由です。特に三国の場合には優勝戦の際の1,2コースの強さが際立っていたので決めました。

徳山に決めた理由

徳山は優勝戦においてとにかく1コースが強い。それが選定の理由です。地形が特殊なのでしょうか。どんな場なのか、もっと詳しく知りたいです。

唐津に決めた理由

優勝戦において4コースが非常に強かったので選びました。

3場の詳細についてさらに調べてみる

いったん今回はここまでで、今後はこの3場について詳しく調べていくつもりです。各コースの勝率とかなんとか。そんな感じのことを。その過程で1つに絞れたらなおよいと思っています。

 

またも投票してしまった

ところで、そんな感じでレース場ごとの比較をしている時に、わりと極端な数字が出ている場があって、条件も当てはまるレースがあったのでつい勢いに任せて投票をしてしまいました。

1度は3連単を当てるも、結局負ける

結果としては、1番人気の1-2-3を1度当てただけでわずか2時間ほどで1,000円を失ってしまいました。ネット投票で初めて当てられたのは嬉しいですが、前回と合わせると既に3,000円を失ってしまっている状態です。これは非常に危険です。

数字と想定はなかなか当たるものではない

今回、思ったのは、データに従ったとてハッキリ言って全然当たらんやんということです。数字を見ればそれっぽいデータが出ているのですが、3レースにかけて思った通りにいったのは1回だけです。数字はあくまで平均値。

だから、多分ですが、

  • 継続的に何回もかける
  • 賭け方を一定にする
  • ある程度の確率でほぼ当たるような賭け方にする

そうしてようやく収支がプラスになるんじゃないかと思います。今のようにその場のレースをその場で予想しているというのは、これはまずいパターンだと思います。

やっぱり勉強・勉強・勉強、投票は控える

そう考えると、やっぱり今は勉強の期間だと思います。誘惑にかられるのもわかりますが、ここでそっちに流れてしまったらイマイチです。大切な人に悲しい思いをさせてしまう危険性があります。それを考えてしばらくは、ネット投票は控えます。

 

ギャンブルの危険性を学ぶことにする

そのために何が必要かなと考えると、いろいろあるとは思いますが、ギャンブルをすることでどれだけのデメリットがあるのか、そのことをしっかりと学ぼうと思います。

禁煙の際には禁煙のデメリットを知ると、少なくない人がやめると言いますが、それと同じ考え方です。ということで、まずは本を読みます。

あとは、焦らないこと。

 

 

ゆっくりとでいいので、ボートレースについて勉強をしていこうと思います。