初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

レース予想に役立つ直前情報の見方

前回の記事ではボートレースの予想をする時に役立つ出走表の見方を紹介しました。出走表には下記のようなデータが記載されていますので、それらを参考にするわけです。

最近のフライング状況

  • 平均ST
  • 全国成績
  • 当地成績
  • モーターの性能・勝率
  • ボートの性能・勝率

これらはいずれも役立つのでしょうが、ボートレース初心者の私にとってはどれを重視すればいいのかというところがなかなかわかりづらいところでした。

前回の記事はこちらよりどうぞ。

kyotei.hatenadiary.jp

 

もう、とっとと実践を積む方向にいくか?

このまま考えていてもわからないし、それならまずはとにかく投票してみるか?とも少し考えました。

でも、自分のこれまでを振り返ってみると、そうやってとりあえず、とにかくといった感じで行動してもあまり上手くいかないことが多かったです。

まずはきちんと基本を学ぶことにする

ということで、まだまだ知らないことだらけですから、もう少し予想に役立つ基本的な情報を学ぶことにしてみようと思います。そこで今回は、「直前情報」について見ていきます。

 

直前情報とは何か?

直前情報とはなんでしょうか?以前に紹介した初心者向けの公式コンテンツである「ボートレースガイド」では、

  • スタート展示
  • 周回展示

について紹介をされています。

一方で同じく公式コンテンツの「予想NAVI」では、

  • 部品交換情報
  • チルト角度

の2つがポイントとして紹介されています。これで直前情報はすべてなのかとか、どちらを優先すべきなのかといったところもわかりませんので、この4つについて本記事では大まかに見ていこうと思います。

1. 本番レースを想定してコース取りやスタートを試すのが「スタート展示」

まずはスタート展示です。見出しにあるようにレース開始前にコース取りやスタートを試すことを言います。中でも注意してみておきたいのが下記のポイントです。

ピットアウト

ピットアウトとはレース開始前に待機しているボートが、レース開始の合図とともに発進することです。ここで素早くスタートできると、コース取りが有利になるわけです。そうしたスタートをピット離れが良い、逆をピット離れが遅いとも言います。

進入・コース取り

次のポイントはピットアウトした後のコース取りの工房です。各選手狙っているコースを取るために、ボートで主張しあいます。

スタートタイミング

次はスタートのタイミングです。これは出走表にも記載されていますが、第一ターンマークの攻防を予想するのに非常に重要なポイントです。スタート展示で各艇がどのようにタイミングを合わせてきているかしっかりとチェックするように気をつけます。

2. 実際にコースを走ってもらって選手の調子を確かめるのが「周回展示」

次に周回展示について見ていきます。周回展示は上記のスタート展示後に行われるもので、レース前にターンや直線を走ります。それによって自分の調子を確かめるのはもちろん、投票をするファンにも役立ててもらうというわけです。そこで参考にすべきは下記2つのポイントです。

展示航走のタイム

周回展示が終わると、2週目のスタートラインの大時計方向から第二ターンマークまでの150メートルのタイムが読み上げられます。このタイムは直線でのスピードを表していますので、モーターの調子と合わせて直前の非常に重要なポイントになるでしょう。

ターンのスピードや精度

また、ターンの調子もここでチェックできます。スピードや流れなど、じっくりと見て、調子の良い艇、モーター、そして選手を見極められるようになりたいものです。

3. 部品交換情報

3つ目のチェックポイントは部品の交換情報です。ボートにはさまざまな部品が使われていますが、調子や状況によってそれを変える選手もいます。それによって、その選手が何に困っているのか、走りにどう影響がでそうかを確認できるというわけです。たとえば、下記のような部品があります。

  • キャリアボデー
  • ピストン
  • ピストンリング
  • キャブレタ
  • シリンダケース
  • クランクシャフト
  • ギヤケース

これらの交換で選手がどうなるかを予想するのは、ハイレベルで初心者にはちょっと難しそうですね。

4. チルト角度

最後4点目はチルト角度です。チルトとはボートをモーターに取り付ける角度です。その際はチルト・アジャスターという部品で調整します。角度が小さいほどターンに強く、角度が大きいほど直線でのスピードが増します。レース場によって使える角度は異なりますが、基本的に-0.5度~3度の間を0.5度刻みで選択することができます。

 

 

以上、ボートレースの良そうに役立つ直前情報について、4つのポイントを紹介しました。正直なところ、冒頭でも述べたようにチェックしなければならないポイントがどんどん増えてきて困ります。

前回の記事でも言ったように、やはりこの中からどの基準を重視するのか、それが大事だと思います。それがわかるまではもう少し勉強を続けていきます。

以上、お読みいただきありがとうございました。