初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

初心者はどの場・レースでどれくらい誰の舟券を購入すればいいのか?

さて、前回の記事では公式の予想サイトである「予想NAVI」について紹介しました。予想のプロである各スポーツ新聞社の担当の予想を見られたりと、とても役立ちそうなサイトであるように思えました(テレボートに登録したばかりで、ログインはできませんでしたが…)。

詳しい内容は記事をご覧ください。

kyotei.hatenadiary.jp

また、その前の記事で書いたように既にテレボートに登録しているので、今の私は既にインターネット投票ができる準備は整っています。

 

準備は整ったと思うが、いつ投票をしよう?

しかしながら、そこでいま自分は本当に投票していいのかということに迷っています。というか、本記事のタイトルにもありますように、どのレースで誰に投票したらいいのかさっぱりわからないのです。

単なる勉強不足で準備は整っていない

それってなんでだろうと考えると、知識が欠けているからだと思いました。何を基準に投票すればいいのか、それを考える上で必要となる知識が全く足りていなかったのです。

そう考えると、投票するための準備は全然整っていないですね。こんな状態で投票をしても、そうそう的中させることはできません。ということで、本記事ではまずはざっくりとどうやって舟券を買うべきなのか、方向性について考えてみようと思います。これを舟券作戦と言うそうです。

 

「予想NAVI」でアドバイスされていること

まずは冒頭でも紹介した予想NAVIで初心者用コンテンツを見てみました。ここでは大きく2つのアドバイスがされていました。

1. 出走表をチェックしよう

まず最初に出走表を見ようというアドバイスです。これはその日のレースで誰が何レースで出走して、その各選手のデータはこんな感じですと載せてくれているものです。出走表で確認できる情報としてはたとえば下記のようなものです。

レーサーの級

A1(全体の約2割)・A2(2割)・B1(5割)・B2(1割)のいずれか、その選手の級を確認することができます。

レーサーの連対率

次に連対率です。連対率には大きく2連対率と3連対率があります。それぞれ、2着まで・3着までに入った回数を出走回数で割った数字になります。この数字が高いほど上位に入った回数が多いわけですから、強い選手と言うことになります。

ただし、主戦場がGIの選手と一般戦の選手では、同じ勝率でもその強さは大きく異なりますのでその点はご注意ください。

モーターの連対率

また、同じようにモーターの連対率というのも見られます。どうやら、ボートレースの勝敗において、モーターは勝敗を左右する大きな要因になり得るようです。毎レースごとに前日にモーターの抽選があるそうです。そこでどんなモーターを引くかというのが非常に重要です。

節間の競走成績

節間というのはそのレースが開催されている間のことです。その期間の成績も出走表で確認することができます。たとえば、進入コースやスタートタイミング、さらに順位も見られます。

2. 直前情報をチェックしよう

次にポイントとなるのがレース直前の情報です。こちらの観点は2つあります。

部品交換情報

まず部品交換情報です。モーターの調整を行うために部品交換が行われるそうです。

チルト角度

次にチルト角度ですが、これは初心者の人からすると完全に「?」マークの出る単語です。チルトというのはボートにモーターを取り付ける角度を言うそうです。その角度が小さいとターンに強くなり、大きいと伸びがよくなるそうです。それだけ聞いてもいまいちイメージがわかないので、実際に取り付けられているのを確認したいところです。

 

オフィシャルHP「ボートレースガイド」でアドバイスされていること

次にオフィシャルホームページの初心者用コンテンツ「ボートレースガイド」の内容です。基礎編と実践編に分かれており、予想方法のヒントについては実践編の「予想してみよう」というコンテンツで紹介されています。

「予想してみよう」コンテンツの内容

予想してみようコンテンツは大きく下記の8つに分かれています。

  1. 出走表の見方
  2. 直前情報
  3. オッズ情報
  4. 部品交換情報
  5. 水面気象情報
  6. ナイターレース
  7. その他さまざまな情報
  8. 展開予想

予想NAVIで紹介されていたチェックポイントより6つも項目が増えています。これだけ多くの情報をチェックするのは簡単ではないように思います。予想ってなかなか大変そうです。。

 

どの項目を重視するのか?

ただ、上記の情報全てを隈なく見なければダメかというとそんなことはないと思います。時間的に難しいというのもあるでしょうが、全てチェックしたから絶対に当てられるというものでもないはずです。

大切なのは自分がどの項目を重視するのかを明確にすることだと思います。それがあれば予想でブレずにいられて、しかも短時間できちんと自信を持って投票することができるはずです。今はそんな風に思っています。

投票するための自分なりの基準を明確にすることが最初の一歩

ということで、タイトルで述べた初心者はどの場・レースで誰の舟券を購入すればいいのか?という疑問については、これは早々簡単に答えられるものではないと思います。

まずは楽しむことが第一ならば当たりやすい舟券を買うべきかも

ただ、目的が勝つことではなく、とりあえずボートレースを楽しむということであれば、より当たりやすい券を買うべきだと言えると思います。私自身、初めて投票した平和島で複勝をひたすら買い続けました。なんか当たりやすそうに思ったからです。

結果として数回の投票で数度勝ち、ボートレースって面白そうと興味を深めることはできました。問題は収支がほぼとんとんだったことでしょうか…。楽しむだけではなかなか儲かるにはつながらないと思いますが、私と同じようにまずは単勝や複勝でボートレースをお試ししてみるというのも非常にいいことではないかなと思います。

 

 

次回以降は上記で紹介した項目それぞれについてさらに詳しく見ていきます。そして私自身がどの項目を重視するのか。そこを自分なりにでも考えていこうと思っています。

以上、お読みいただきましてありがとうございました。