初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

TELEBOAT(テレボート)会員登録の手続きの流れ

これからボートレースにじっくり取り組みたいと考えていますので、まずはネット投票するための資格である「テレボート会員」に登録をしてみました。その流れをざっと下記で紹介していきますので、同じように登録をされる方はよかったら参考にしてみてください。

 

テレボートのサイトを閲覧

まずはテレボートのサイトをチェックしましょう。下記URLのページになります。

www.teleboat.jp

会員登録ページへと遷移

ページを見ますと、下記画像の赤枠で囲んだ部分のように「会員登録はこちら」というメニューがありますので、そちらをクリックしてください。そこから会員登録を進めることができます。

f:id:kabosu0618:20170508120306j:plain

銀行口座を登録

「会員登録はこちら」ボタンをクリックすると、下記の画面へと遷移します。下記記事で詳しく紹介していますが、テレボート会員になるためには下記画像にあるように特定の銀行口座を持っている必要があります。

f:id:kabosu0618:20170508120559j:plain

銀行口座がない場合は、まずは口座開設をしよう

もし上記画像にある

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 広島銀行
  • スルガ銀行
  • じぶん銀行

いずれの口座も持っていない場合には、新しく銀行口座を開設しましょう。各行の功罪解説も上記画像のページからすることが可能です。

 

三井住友銀行の口座を登録

私の場合は三井住友銀行でしたから、上記画像の三井住友銀行のお申込みボタンをクリックして手続きへと進みました。お申込みボタンをクリックすると、下記の画像へと遷移します。

f:id:kabosu0618:20170508121409j:plain

規約については個人情報保護についての情報が記載されているページです。ページ最下部に「同意するボタン」がありますので、問題がなければそれを押してください。

個人情報(口座情報)の入力

次は個人情報の入力です。「本当に三井住友銀行に口座があるか?」ということを確認するために口座番号や名前などを入力します。

f:id:kabosu0618:20170508122129j:plain

これを入力すると、さらに銀行利用時の暗証番号等を聞かれます。それらも入力して、本人であることが確認されると、銀行口座とテレボート会員情報とのひもづけが完了します。

テレボート会員情報の入力

銀行口座の登録が完了しますと、次にテレボート利用に必要な各種情報を設定していきます。

  • 加入者番号
  • 暗証番号
  • 認証用パスワード
  • 投票用パスワード

登録画面の案内に従って情報を入力していってください。これでテレボート会員の登録は完了です。

 

登録完了メールの確認

以上の流れで、銀行口座・会員情報を登録できると、登録したメールアドレスに「登録完了メール」が届きます。

登録内容確認のクリック

メールの本文内に登録内容を確認できるリンクがありますのでそちらをクリックしてください。自分の情報がきちんと登録されているかを確認することができます。この時に登録した加入者番号、認証用・投票パスワードなども閲覧することができます。よくある本登録用のリンクではないようなので、メールが届いた後に絶対にクリックしなければならないというわけではなさそうです。

 

今後は登録した情報でログイン可能

無事に登録ができましたら、これでテレボートにログインして、各種コンテンツを利用することができます。テレボートのトップページには、下記画像の赤枠部分のようにログインボタンがありますので、そこからログインすることができます。

f:id:kabosu0618:20170508123234j:plain

ログインボタンをクリックすると、下記画面へと遷移します。

f:id:kabosu0618:20170508123350j:plain

空欄部分に登録した加入者番号、暗証番号、認証用パスワードを入力しましょう。それでログインをすることができます。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。