初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

ボートレース(競艇)の投票方法

f:id:kabosu0618:20170426120836j:plain

今回はボートレースに投票する方法を紹介します。初めて投票してみたいけれど、「いったいどこから投票すればいいの?」「レース会場に行くしかないの?」といった疑問を持っている人も少なくないはずです。

実は、「ボートレースの投票はその場でも簡単にすぐできる」のです。スマホを使って、インターネットを使って、もちろん直接レース会場に足を運んだってオーケーです。下記ではざっと投票の方法を紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。

~目次~

 

1. 実際に紙の券を購入する

 まず最初に紙の券を購入して投票する方法です。紙の券の購入場所は大きく2つに分かれます。

1-1. ボートレース場で投票する

まず最初がボートレース場です。いわゆる競馬場なんかと一緒で、レースをしている会場に行って、自動券売機で購入する方法です。払い戻しもその場ですぐに可能です。

ちなみにですが、日本全国にボートレース場は24場あります。下記のように北から順番に番号が割り振られています。ぜひ一度お近くのレース場に足を運んでみてください。そうすれば、ネットで調べるよりもずっと明確にボートレースの雰囲気や、投票の仕方がわかると思います。

  1. 桐生(群馬)
  2. 戸田(埼玉)
  3. 江戸川(東京)
  4. 平和島(東京)
  5. 多摩川(東京)
  6. 浜名湖(静岡)
  7. 蒲郡(愛知)
  8. 常滑(愛知)
  9. 津(三重)
  10. 三国(福井)
  11. びわこ(滋賀)
  12. 住之江(大阪)
  13. 尼崎(兵庫)
  14. 鳴門(徳島)
  15. 丸亀(香川)
  16. 児島(岡山)
  17. 宮島(広島)
  18. 徳山(山口)
  19. 下関(山口)
  20. 若松(福岡)
  21. 芦屋(福岡)
  22. 福岡(福岡)
  23. 唐津(佐賀)
  24. 大村(長崎)

1-2. ボートピア、ミニボートピア、オラレで投票する

いきなり謎の専門用語が出てきて「?」となっている人もいるかもしれません。このボートピア、ミニボートピア、オラレというのは場外舟券発売場のことです。要はレースはそこではやっていなけれど、テレビなどで映像を見ながら舟券を買えちゃうよという場所です。全国で約40を超える施設があります。

オラレとは?

ボートピア、ミニボートピア(小規模なボートピアのこと)は場外舟券発売場としてイメージは湧きやすいと思うのですが、オラレについては他とどう違うのかと思う方も少なくないでしょう。

オラレというのはボートレースを運営するBOAT RACE振興会が日本各地の使われていない施設などを資金を拠出して、場外舟券発売場としての機能を持った場所としてつくりあげた施設のことを言います。

よって全国でもボートピアやミニボートピアよりは数が多くないですが、下記のような場所にあります。

  • オラレ上越(新潟県)
  • オラレセントレア(愛知県)
  • オラレ徳山(山口県)
  • オラレ美馬(徳島県)
  • オラレ呼子(佐賀県)
  • オラレ日南(宮崎県)
  • オラレ志布志(鹿児島県)

 

2. 電話で投票をする

次に投票方法としてあるのが、電話での投票です。「電話投票」と呼ばれ、ボートレースでは一般的な投票方法です。自宅の固定電話はもちろん、携帯電話からも電話で投票することができます。

なお、利用するためには電話投票会員になる必要があります。下記いずれかから申し込みはできますので、詳しくはボートレースの公式サイトをご確認ください。

  • 電話からフリーコールで申し込み
  • パソコン・スマホ・携帯からTELEBOATサイトから申し込み

他の公営競技でも用いられる方法

ちなみに、この電話投票はボートレースに限った方法ではなく、中央競馬・地方競馬・競輪・オートレースなどでも利用することができます。基本的な仕組みは一緒かと思いますが、それぞれ見比べてみるのも面白いかもしません。

専用の銀行口座が必要なので要注意

ちなみに、電話投票をするには「電話投票会員」になって、専用の銀行口座も用意する必要があります。

 

3. インターネットで投票する

インターネット投票はパソコンやスマホ・携帯電話からネット上で舟券を購入することができる方法です。これだけスマホが普及したこともあって、最近はかなり利用者が増えている方法です。

TELEBOAT(テレボート)に申し込む

ボートレースをインターネットで投票するためにはどうすればいいのか、そのためにはまずはじめに「TELEBOAT(テレボート)」というサイトに登録する必要があります。

テレボートに入会すると、パソコンやスマホからいつでもどこでも、簡単に舟券を購入することができるようになります。年会費・入会費ともに無料です。詳細については下記よりご覧ください。

特定の銀行口座を利用する必要がある

ちなみに、こちらも電話投票と同様に、ご利用の際には下記の銀行口座が必要になります。 

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 広島銀行
  • スルガ銀行
  • じぶん銀行

実際にどこから投票するか?

さて、上記のテレボートに登録をしますと、ようやくネット上で投票をすることができるようになります。では、実際にどこから投票することができるのでしょうか?ざっと見た感じですと、下記4つのサイト、アプリが見つかりました。

スマホやアプリで簡単に投票できる
  • テレボート
  • BOAT RACE web投票
  • BOAT RACEインターネット投票
  • BOAT RACE アプリ投票

 それぞれ、サイト構成や内容が異なりますので、それぞれ見比べてみて、使いやすい方法を選ぶのが良いのではないかと思います。

 

レース場と、電話投票、ネット投票、どれを選べばいいの?

上記のように、ボートレースの投票方法は大きく3つです。

  1. レース場に行って投票する
  2. 電話で投票する
  3. インターネットで投票をする

はじめての方だと、どの方法を選べばいいのか、迷ってしまう方も少なくないでしょう。

まずはレース場に行ってみるのがオススメ

個人的にオススメなのは、まずはレース場に足を運んでみることです。そこでボートレースが走っているのを直に見れば、どんな競技か、自分が興味を持てるかどうかといったこともわかるでしょう。上述したように、ボートレース場は全国に24場。最寄りの場まで遠い方もいるかもしれませんが、ぜひ一度レース場を見に行ってみてください。

 

感想:正直わかりづらい

今回、上述してきたように、ボートレースの投票方法を調べてみました。私自身、実はまだレース場でしか投票をしたことがなかったので、ネットや電話での投票については未知だったのですが、調べてみてもわからないことが多くて大変でした。初めてボートレースをやってみようと思った人にとっては、このわかりづらさは大きな障害になるのではないかと思います。

何がわかりづらかったのか?

具体的に何がわかりづらかったのかと言いますと、ざっというと下記のような感じです。あくまで感想としてですが記録をしておきます。

投票方法ごとのメリット、デメリット

大きく3つの投票方法のうち、どれで投票するのがいいのか、その点についてイマイチわかりませんでした。私自身はレース場に行ってとても楽しかったので、それを勧めたのですが、この辺り公式からざっと説明いただけたら嬉しいなと思います。

インターネット投票のサイトごとの違い

これは未だにわかっていないのですが、上述したように、ネットでの投票は下記の4つがあるようでした。いちおうどれも投票できるようなのですが、いったいどれでやればいいのかイマイチわかりませんでした。これも同じくメリット・デメリットがあれば知りたいところです。

  • テレボート
  • BOAT RACE web投票
  • BOAT RACEインターネット投票
  • BOAT RACE アプリ投票
情報ごとにつながりがないので、全体像を理解しづらい

これはオフィシャルサイトの話です。私自身ボートレースは初心者なわけですが、上述してきたような内容を理解するのに、かなりの時間を要しました。

たとえば、今回は投票方法について調べたわけですが、はじめてボートレースをやる人にとってはそれだけではく「賭け方」や「ボートレースのルール」といったことも知りたいわけです。それらがわかなければなかなかレース場に足を運ぼうとは思えません。

しかしながら、オフィシャルサイトの説明は、そういった情報間のつながりがあまりありません。ですから、調べていてもなんだかいまいち全体像がわからないのです。初心者用のコンテンツとして「ボートレースガイド」というのもあるのですが、それもなんだかそんな感じで、読んでもイマイチわかりません。「初心者が必要としている情報は何か?」、その点があまり明確になっていないような気がします。

 

 

ということで、今後は上記で紹介した各投票方法について、もっと詳しく見ていこうと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。