初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

ボートレーサー(競艇選手)賞金ランキングについて

本記事ではボートレーサーの賞金ランキングについて紹介をします。

 

賞金ランキングって何?

賞金ランキングとは何か、名称通り、ボートレーサーの方が獲得した賞金額の獲得順位のことです。これは毎年1月1日~12月31日まで集計されているそうです。

どこで見られるの?

下記のようなボートレースの公式サイトいくつかで公表されています。

  • Road to THE GRAND PRIX(随時、変動をチェック可能)
  • 競艇マクール-for web-(随時、変動をチェック可能)
  • ボートレース公式サイト(毎年数回定期的に発表?)

あとは、各レース場のホームページにおいても閲覧することができるようです。それぞれ発表タイミングや表示デザインが異なったりしていますので、常にチェックしたいという人は、ページのURLをブックマークしておくなどするとよいかもしれません。

現在のランキングはどんな感じ?

参考として賞金ランキングを下記に記載します。まだ1年の3分の1なのに、1位の方は賞金が5,000万円を超えています!プロスポーツの世界ならあり得ない話ではないのでしょうが、ボートってこんなに儲かるのか!とちょっと驚きです。

※2017年4月16日時点のデータ

  1. 4444 桐生順平 5,467万円
  2. 4024 井口佳典 3,416万9,000円
  3. 3960 菊地孝平 3,099万8,000円
  4. 3779 原田幸哉 2,904万5,000円
  5. 4547 中田竜太 2,368万9,366円
  6. 4418 茅原悠紀 2,255万4,000円
  7. 4030 森高一真 2,216万4,000円
  8. 3783 瓜生正義 2,158万8,000円
  9. 3897 白井英治 1,986万3,000円
  10. 4320 峰竜太 1,909万3,666円
  11. 3946 赤岩善生 1,841万7,000円
  12. 2992 今村豊 1,833万円
  13. 3159 江口晃生 1,806万7,000円
  14. 4238 毒島誠 1,750万2,000円
  15. 4044 湯川浩司 1,673万8,666円
  16. 4019 笠原亮 1,624万700円
  17. 4296 岡崎恭裕 1,543万7,000円
  18. 3415 松井繁 1,515万2,700円
  19. 3232 山川美由紀 1,465万6,500円
  20. 3622 山崎智也 1,460万2,000円
  21. 3556 田中信一郎 1,430万6,000円
  22. 3942 寺田祥 1,422万3,000円
  23. 3908 重成一人 1,421万円
  24. 4344 新田雄史 1,380万7,700円
  25. 3716 石渡鉄兵 1,372万1,666円

もちろん、上位に入るのは簡単ではないし、そもそもボートレーサーになるのすら狭き門だとは思いますが、約4か月でこれだけの賞金がもらえる世界というのは魅力的ですよね。

女子選手だけのランキングもある

ちなみにですが、上記は男女混合ですが、女性レーサーのみのランキングもあります。これはQUEENS CLIMAXという公式サイトで発表されています。詳しくは後述しますが、このランキング上位の選手だけが出場できるレースがあり、女性のみのレースもあるので、このように女性だけのランキングがあるようです。

過去のランキングはどうなっている?

そうなると、2016年以前のランキングがどうなっているのか、気になる人も多いかと思います。調べてみると、意外と一覧になっているホームページがなくてわからないんですよね。

下記では2016、2015年のベスト6(レースの時の6艇という意味で、ベスト6艇的な意味合いで)のランキングを紹介します。お気に入りの選手を探すとき、選手の情報を知りたい時などにお役立てください。

2016年
  1. 瓜生 正義(213,734,000円)
  2. 石野 貴之(161,247,800円)
  3. 菊地 孝平(134,660,500円)
  4. 桐生 順平(103,830,000円)
  5. 坪井 康晴(96,272,000円)
  6. 松井 繁(95,095,000円)
2015年
  1. 山崎 智也(229,330,000円)
  2. 毒島 誠(126,156,000円)
  3. 石野 貴之(117,654,000円)
  4. 篠崎 元志(109,049,000円)
  5. 峰 竜太(94,418,000円)
  6. 太田 和美(86,833,000円) 

 

賞金額上位の人だけが参加できるレースがある

さて上で触れましたように、この賞金ランキング、単純にモチベーションアップになったり、若者の憧れを喚起したり、選手の現在の調子のバロメーターになったり、いろいろと目的はあるのでしょうが、実はあるレースの参加基準にもなっています。

賞金王決定戦競走

それが、毎年12月下旬、1年の終わりに開催される「賞金王決定戦」です。競艇のレースは一般戦、G3、G2、G1、SGという5つのグレードがあり、その中でもSGと最も位の高い部類のレースの1つです。なかでも、この賞金王決定戦は年間の最後に行われるレースということ、参加者はランキング上位の選手だけということで、最高峰のレースだと位置づけられています。

出場資格

で、このレースに出場するためには上述した賞金ランキングで上位に入っていないとならないのです。大まかに言えば、「60位」以内の人にこの賞金王決定戦への参加資格が与えられます。

賞金王決定戦についてさらに詳しい情報を知りたいという方は、Wikipediaをご覧になってみてください。ボートレースの公式サイトにはそのあたりについてあまり詳しく説明されていませんので、Wikiのほうがいろいろと詳しくわかるかと思います。

賞金女王決定戦競走

上記レースの女性バージョンが、賞金女王決定戦です。こちらも毎年12月下旬に、女性レーサーのランキング上位60位以上で行われます。ちなみにですが、女性の方が相対的に人数が少ないのでレーサーの階級がB1の人もけっこう混じっていたりします。男女混合の賞金王決定戦では、ほとんどの選手がA1になっています。

 

 

以上、ボートレースの賞金ランキングについて紹介しました。

お読みいただきましてありがとうございました。