初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

はじめに。サイトの趣旨や作成の背景

はじめまして、本サイト「初めてのボートレース(競艇)ガイド」をご覧いただきありがとうございます。本記事では、サイトを設立した経緯や、どのようなサイトを目指しているかといったことを紹介します。

 

呼称について

なお、最初に注意ですが、最近は「競艇」ではなく、「ボートレース」という呼び方をするようになっているそうです。併せて競艇選手ではなく、ボートレーサーと呼ぶようになったようです。

2010年度から変更

オフィシャルのリリースによると、このように変更されたのは2010年からです。変更の理由はそれまで競艇、ボートレース、モーターボート競走など様々な呼び方をされてきたので、明確に統一を図りたかったとのことです。また、これからはもっと若い人に見てほしいという思いもあったようです。

確かに、「競艇」だといかにもギャンブルという感じがしますが、「ボートレース」だとどこか爽やかな印象があります。ボートレースの公式HPも下記のように洒落ている感じです。

f:id:kabosu0618:20170420174404p:plain

当サイトでは基本的に「ボートレース」を使用

以上を踏まえて、当サイトでも現在の「ボートレース」という呼称を基本的には使うつもりです。ただ、まだまだ競艇と呼んでいたり、表記されているものも多いので、特に厳密に規定はせず併記したりもすると思います。

 

サイトをつくった背景

さて、それでは次にサイトを作成した背景を紹介します。

出会いは漫画「モンキーターン」

最初のきっかけはおそらく多くの人と同じで、人気漫画「モンキーターン」を読んだことでした。もともと漫画が好きだったもので、特にボートレース競技の漫画と意識することなく読むようになっていました。 

モンキーターン 文庫版 コミック 1-18巻セット (小学館文庫)

モンキーターン 文庫版 コミック 1-18巻セット (小学館文庫)

 

 当時はボートのことは今以上に知らなかったわけですが、特に知識がなくても楽しめ、ボートレースがどうということよりも単純に面白い漫画だったと思います。

ボートレースって難しい?

そんなわけでボートレースを知ったのですが、ある時ふと実際に見てみたいと思うようになりました。

初めてボートレース場へ行く

それで江戸川競艇場に行ってみたのですが、最初はもう何がなんだかわかりませんでした。場まではバスで行ったのですが、車中でいきなり隣のおじさんに話しかけられました。昨日のレースがどうとか、今日のレースがどうとかいろいろ言われたのですが、よくわからなかったので、生返事で約15分ほどを切り抜けることになりました。

場に着いたら着いたで、どこで賭けるとか、何を賭けるとか、ボートレース場ってどんな場所なのかとか、よく分からないことが多く、結局その日はレースを見ただけで、賭けはせずに帰ってきました。

調べてみるもよくわからず

そんな調子だったものですから、今度はもう少し事前に調べておこうと思い、ボートレースの公式ホームページなどを閲覧して勉強をしようと思いました。

でも、結局なんだかよくわかりませんでした。一応用語解説などもあるにはありますが、初めて読んでも正直ちんぷんかんぷんなところが多いのです。

 

ボートレースの基礎的な情報をわかりやすく伝えたい

以上のように、自分自身がボートレースを学ぼうと思った時にわかりづらかったというのが、サイトを作った理由です。今も全然詳しいわけではないので、自分で調べながらそれを発信していきたいと思っています。

完全な初心者だからこそ、これから学ぼうと思っている初心者の方には多少なりともわかりやすく伝えられるのではないかなとも思います。

 

 

よろしくお願いします。