読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

レース予想に役立つ直前情報の見方

前回の記事ではボートレースの予想をする時に役立つ出走表の見方を紹介しました。出走表には下記のようなデータが記載されていますので、それらを参考にするわけです。

最近のフライング状況

  • 平均ST
  • 全国成績
  • 当地成績
  • モーターの性能・勝率
  • ボートの性能・勝率

これらはいずれも役立つのでしょうが、ボートレース初心者の私にとってはどれを重視すればいいのかというところがなかなかわかりづらいところでした。

前回の記事はこちらよりどうぞ。

kyotei.hatenadiary.jp

 

もう、とっとと実践を積む方向にいくか?

このまま考えていてもわからないし、それならまずはとにかく投票してみるか?とも少し考えました。

でも、自分のこれまでを振り返ってみると、そうやってとりあえず、とにかくといった感じで行動してもあまり上手くいかないことが多かったです。

まずはきちんと基本を学ぶことにする

ということで、まだまだ知らないことだらけですから、もう少し予想に役立つ基本的な情報を学ぶことにしてみようと思います。そこで今回は、「直前情報」について見ていきます。

 

直前情報とは何か?

直前情報とはなんでしょうか?以前に紹介した初心者向けの公式コンテンツである「ボートレースガイド」では、

  • スタート展示
  • 周回展示

について紹介をされています。

一方で同じく公式コンテンツの「予想NAVI」では、

  • 部品交換情報
  • チルト角度

の2つがポイントとして紹介されています。これで直前情報はすべてなのかとか、どちらを優先すべきなのかといったところもわかりませんので、この4つについて本記事では大まかに見ていこうと思います。

1. 本番レースを想定してコース取りやスタートを試すのが「スタート展示」

まずはスタート展示です。見出しにあるようにレース開始前にコース取りやスタートを試すことを言います。中でも注意してみておきたいのが下記のポイントです。

ピットアウト

ピットアウトとはレース開始前に待機しているボートが、レース開始の合図とともに発進することです。ここで素早くスタートできると、コース取りが有利になるわけです。そうしたスタートをピット離れが良い、逆をピット離れが遅いとも言います。

進入・コース取り

次のポイントはピットアウトした後のコース取りの工房です。各選手狙っているコースを取るために、ボートで主張しあいます。

スタートタイミング

次はスタートのタイミングです。これは出走表にも記載されていますが、第一ターンマークの攻防を予想するのに非常に重要なポイントです。スタート展示で各艇がどのようにタイミングを合わせてきているかしっかりとチェックするように気をつけます。

2. 実際にコースを走ってもらって選手の調子を確かめるのが「周回展示」

次に周回展示について見ていきます。周回展示は上記のスタート展示後に行われるもので、レース前にターンや直線を走ります。それによって自分の調子を確かめるのはもちろん、投票をするファンにも役立ててもらうというわけです。そこで参考にすべきは下記2つのポイントです。

展示航走のタイム

周回展示が終わると、2週目のスタートラインの大時計方向から第二ターンマークまでの150メートルのタイムが読み上げられます。このタイムは直線でのスピードを表していますので、モーターの調子と合わせて直前の非常に重要なポイントになるでしょう。

ターンのスピードや精度

また、ターンの調子もここでチェックできます。スピードや流れなど、じっくりと見て、調子の良い艇、モーター、そして選手を見極められるようになりたいものです。

3. 部品交換情報

3つ目のチェックポイントは部品の交換情報です。ボートにはさまざまな部品が使われていますが、調子や状況によってそれを変える選手もいます。それによって、その選手が何に困っているのか、走りにどう影響がでそうかを確認できるというわけです。たとえば、下記のような部品があります。

  • キャリアボデー
  • ピストン
  • ピストンリング
  • キャブレタ
  • シリンダケース
  • クランクシャフト
  • ギヤケース

これらの交換で選手がどうなるかを予想するのは、ハイレベルで初心者にはちょっと難しそうですね。

4. チルト角度

最後4点目はチルト角度です。チルトとはボートをモーターに取り付ける角度です。その際はチルト・アジャスターという部品で調整します。角度が小さいほどターンに強く、角度が大きいほど直線でのスピードが増します。レース場によって使える角度は異なりますが、基本的に-0.5度~3度の間を0.5度刻みで選択することができます。

 

 

以上、ボートレースの良そうに役立つ直前情報について、4つのポイントを紹介しました。正直なところ、冒頭でも述べたようにチェックしなければならないポイントがどんどん増えてきて困ります。

前回の記事でも言ったように、やはりこの中からどの基準を重視するのか、それが大事だと思います。それがわかるまではもう少し勉強を続けていきます。

以上、お読みいただきありがとうございました。

ボートレース初心者に役立つ出走表の見方とポイント

さて、前回の記事では初心者がボートレースを投票する際には、どのようなことを知っておくべきかということについて紹介しました。それによれば、下記のような項目をチェックするのが大切とのことです。

  • 出走表
  • 直前情報
  • オッズ情報
  • 部品交換情報などなど

ベテランであれば個々で重要視する項目を持っていたりもするのでしょうが、私のような初心者の場合にはまずはこれらを理解することが先決でしょう。詳細については下記記事に詳しいので併せてご覧になってみてください。

kyotei.hatenadiary.jp

 

まずは出走表の見方を勉強しよう

そこで本記事ではまずは基本の情報である出走表について勉強しようと思います。さっそくですが、平和島一般戦の出走表を見ます。ちなみに、下記はボートレースのオフィシャルHPの情報です。

f:id:kabosu0618:20170511161045j:plain

上部の何号艇から体重くらいまでは特に気にする必要はなさそうです。

 

F/L

次に来るのはF/Lという文字。これはフライングのFと出遅れのLらしいんですが、Lの英語読みがわかりませんでした。他のサイトを見てもFはフライングと英語読みがあるのに、Lは出遅れという表記ばかり。lateという単語がそうっぽい気もしますが、出遅れで覚えておけばよいと思います。

平均ST

その下は平均ST。STはStart Timingです。スタートタイミングの平均値ということで、0.2の場合はコンマ2秒、0.2秒以内にスタートラインを通過したとのことです。これが0.17くらいなら結構すごくて、トップ選手だと0.15を切る人も多いようです。

スタート感もあるでしょうが、動体視力の影響も大きいらしく、若い人のほうが平均STが優れている場合が多いようです。また、夜の場合は大時計を見づらくなるので、特にボートレース桐生のような夜開催の場所だと、ベテランは苦戦することが多いそうです。

全国成績

次に全国成績ですが、上の段は勝率、下の段は2連対率を意味しています。期間としては、現在のレースを含まない過去6ヶ月間のデータになります。

当地成績

現在レースが行われている場での勝率と2連対率になります。こちらは過去2年間の数字になります。

モーター

次はモーターです。左の2ケタの番号がモーターの番号、右側はそのモーターの2連対率になります。もちろん誰が使ったのかということもありますが、このモーターの数字は投票に際して非常に重要になるそうです。

ボート

同じようにボートの場合も左がボート番号で、右がそのボートの2連対率になります。

R・進・ST・着

これはそれぞれ、レース番号、進入コース、スタートタイミング、着順成績を意味しているようです。要は前のレースの成績を出しているよということのようです。

早見

進行中のレースにおいて、2回目に走るレースがいつかをチェックできます。

選手コメント

そのままで選手のコメントです。モーターやボートに対しての感想のようです。

以上、各項目についての説明を簡単に紹介しました。

 

レースグレードによる比較

さて、上記は一般戦の出走表でした。皆さんB1級ということもあってか、数字にばらつきがあり、各数字も決して良くないものが多かったです。これがG3やG1のレースになったら、どのように変化するのでしょうか?参考までにそれぞれ出走表を載せてみます。

GⅢマスターズリーグ 第1回ガマの鉄人決定戦

まずはG3です。

f:id:kabosu0618:20170511165046j:plain

すみません。意外と一般戦の画像と大きくは変わりませんでした。

レースが進むほど有名・強い選手が出てくる

これには、見出しにあるようにボートレース競技の特性があるようです。まだ詳細は見れていないのですが、ボートレースって1レースから進むにつれて、有力選手が出てくる仕組みになっているようです。上で挙げた2つの画像はいずれも1レースでしたから、選手の実績も低い方から登場されていたようです。

GI宮島チャンピオンカップ開設63周年記念

と思ったら、さすがG1のレースは違いました。1レース目から皆さんA1級ですから、どの人も成績は非常に優れています。勝率と2連対率が全国でも当地でも非常に高いです。A1級の場合は2連対率が30%以上、3連対率が40%以上と高い基準が定められています。それゆえこの数字の高さなのでしょう。特に1レース目だと皆さん若い方ばかりですから、中には最近まで一般戦にもよく出ていた人がいるでしょうから、この数字の高さなのかなと思います。

f:id:kabosu0618:20170511170253j:plain

以上、今回は出走表の大まかな見方をチェックしました。

 

これだけで予想をするのは難しい

なんとなくは出走表の見方はわかりましたが、正直これだけで誰が勝つと見極めるのはかなり難しそうです。顔写真を見ると、なんだかみんな強そうです。

他の基準も勉強しよう

ということで、冒頭でも紹介しましたように他にも予想に役立つ情報は多数あります。まずはそれらがどういうものかを見ていこうと思います。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

 

初心者はどの場・レースでどれくらい誰の舟券を購入すればいいのか?

さて、前回の記事では公式の予想サイトである「予想NAVI」について紹介しました。予想のプロである各スポーツ新聞社の担当の予想を見られたりと、とても役立ちそうなサイトであるように思えました(テレボートに登録したばかりで、ログインはできませんでしたが…)。

詳しい内容は記事をご覧ください。

kyotei.hatenadiary.jp

また、その前の記事で書いたように既にテレボートに登録しているので、今の私は既にインターネット投票ができる準備は整っています。

 

準備は整ったと思うが、いつ投票をしよう?

しかしながら、そこでいま自分は本当に投票していいのかということに迷っています。というか、本記事のタイトルにもありますように、どのレースで誰に投票したらいいのかさっぱりわからないのです。

単なる勉強不足で準備は整っていない

それってなんでだろうと考えると、知識が欠けているからだと思いました。何を基準に投票すればいいのか、それを考える上で必要となる知識が全く足りていなかったのです。

そう考えると、投票するための準備は全然整っていないですね。こんな状態で投票をしても、そうそう的中させることはできません。ということで、本記事ではまずはざっくりとどうやって舟券を買うべきなのか、方向性について考えてみようと思います。これを舟券作戦と言うそうです。

 

「予想NAVI」でアドバイスされていること

まずは冒頭でも紹介した予想NAVIで初心者用コンテンツを見てみました。ここでは大きく2つのアドバイスがされていました。

1. 出走表をチェックしよう

まず最初に出走表を見ようというアドバイスです。これはその日のレースで誰が何レースで出走して、その各選手のデータはこんな感じですと載せてくれているものです。出走表で確認できる情報としてはたとえば下記のようなものです。

レーサーの級

A1(全体の約2割)・A2(2割)・B1(5割)・B2(1割)のいずれか、その選手の級を確認することができます。

レーサーの連対率

次に連対率です。連対率には大きく2連対率と3連対率があります。それぞれ、2着まで・3着までに入った回数を出走回数で割った数字になります。この数字が高いほど上位に入った回数が多いわけですから、強い選手と言うことになります。

ただし、主戦場がGIの選手と一般戦の選手では、同じ勝率でもその強さは大きく異なりますのでその点はご注意ください。

モーターの連対率

また、同じようにモーターの連対率というのも見られます。どうやら、ボートレースの勝敗において、モーターは勝敗を左右する大きな要因になり得るようです。毎レースごとに前日にモーターの抽選があるそうです。そこでどんなモーターを引くかというのが非常に重要です。

節間の競走成績

節間というのはそのレースが開催されている間のことです。その期間の成績も出走表で確認することができます。たとえば、進入コースやスタートタイミング、さらに順位も見られます。

2. 直前情報をチェックしよう

次にポイントとなるのがレース直前の情報です。こちらの観点は2つあります。

部品交換情報

まず部品交換情報です。モーターの調整を行うために部品交換が行われるそうです。

チルト角度

次にチルト角度ですが、これは初心者の人からすると完全に「?」マークの出る単語です。チルトというのはボートにモーターを取り付ける角度を言うそうです。その角度が小さいとターンに強くなり、大きいと伸びがよくなるそうです。それだけ聞いてもいまいちイメージがわかないので、実際に取り付けられているのを確認したいところです。

 

オフィシャルHP「ボートレースガイド」でアドバイスされていること

次にオフィシャルホームページの初心者用コンテンツ「ボートレースガイド」の内容です。基礎編と実践編に分かれており、予想方法のヒントについては実践編の「予想してみよう」というコンテンツで紹介されています。

「予想してみよう」コンテンツの内容

予想してみようコンテンツは大きく下記の8つに分かれています。

  1. 出走表の見方
  2. 直前情報
  3. オッズ情報
  4. 部品交換情報
  5. 水面気象情報
  6. ナイターレース
  7. その他さまざまな情報
  8. 展開予想

予想NAVIで紹介されていたチェックポイントより6つも項目が増えています。これだけ多くの情報をチェックするのは簡単ではないように思います。予想ってなかなか大変そうです。。

 

どの項目を重視するのか?

ただ、上記の情報全てを隈なく見なければダメかというとそんなことはないと思います。時間的に難しいというのもあるでしょうが、全てチェックしたから絶対に当てられるというものでもないはずです。

大切なのは自分がどの項目を重視するのかを明確にすることだと思います。それがあれば予想でブレずにいられて、しかも短時間できちんと自信を持って投票することができるはずです。今はそんな風に思っています。

投票するための自分なりの基準を明確にすることが最初の一歩

ということで、タイトルで述べた初心者はどの場・レースで誰の舟券を購入すればいいのか?という疑問については、これは早々簡単に答えられるものではないと思います。

まずは楽しむことが第一ならば当たりやすい舟券を買うべきかも

ただ、目的が勝つことではなく、とりあえずボートレースを楽しむということであれば、より当たりやすい券を買うべきだと言えると思います。私自身、初めて投票した平和島で複勝をひたすら買い続けました。なんか当たりやすそうに思ったからです。

結果として数回の投票で数度勝ち、ボートレースって面白そうと興味を深めることはできました。問題は収支がほぼとんとんだったことでしょうか…。楽しむだけではなかなか儲かるにはつながらないと思いますが、私と同じようにまずは単勝や複勝でボートレースをお試ししてみるというのも非常にいいことではないかなと思います。

 

 

次回以降は上記で紹介した項目それぞれについてさらに詳しく見ていきます。そして私自身がどの項目を重視するのか。そこを自分なりにでも考えていこうと思っています。

以上、お読みいただきましてありがとうございました。

ボートレース予想ポータルサイト「予想NAVI」のコンテンツと使い方

f:id:kabosu0618:20170510110758j:plain

体験記の3回目の記事です。前々回でテレボートに登録をして、前回テレボートの内容や使い方について調べてきました。そこで今回やってみようと思ったのが、テレボート会員限定のサービスであるボートレース予想ポータルサイト「予想NAVI」について調べることです。

前回の記事については下記よりご覧ください。

kyotei.hatenadiary.jp

 

ネット投票をやる心と知識の準備が整っていない

そう思ったのは、やはりまだネット投票をやるだけの度胸がないという理由です。テレボートに登録をしたことでいちおうネット投票の環境は用意できたと思うのですが、今のままではどの場のどのレースで誰に投票すればよいのか決めきることができます。

そこで投票予想のヒントをもらうために、そうしたサービスを提供してくれているっぽい「予想NAVI」をチェックしてみることに決めました。

それでは、「予想NAVI」のコンテンツ内容や使い方を見ていきます。

 

「予想NAVI」ってどんなサイト?

まず予想NAVIのコンテンツについてざっくりと見ていきます。このサイトはざっくり言えば「各スポーツ紙の予想を見られるサイト」となっています。予想をチェックできるスポーツ紙は下記の4紙のようです。

 

  1. 日刊スポーツ
  2. サンケイスポーツ
  3. スポーツ報知
  4. 東京スポーツ

 

スポーツ紙ごとの予想結果の比較もできる

ありがたいのはレースごとに新聞社の的中結果がわかることです。ですから、どうしても迷うなんて時は、的中率が高い新聞社の予想を参考にするのがいいかもしれません。プレッシャーのかかることだと思いますが、このようなコンテンツがあることは初心者にとって非常にありがたいことです。

テレボートの登録者のみが利用できる

注意点として、このサイトはテレボートに登録している方だけが利用できます。未登録の方はまずはテレボートに登録をしましょう。登録の流れについては下記記事に詳しいのでご参照ください。

kyotei.hatenadiary.jp

 

コンテンツの内容について

では、もう少し詳しくコンテンツ内容について見ていきます。予想NAVIでは下記のようなコンテンツを見ることができます。

  • このサイトの楽しみ方
  • 初心者向けページ
  • 対象レーススケジュール
  • スポーツ紙記者紹介
  • 予想コンテンツ
  • 新着情報

予想コンテンツの内容について

なかでも「予想NAVI」の醍醐味でもある予想に役立つ情報「予想コンテンツ」については、下記のような内容になっています。

  • 過去のレース予想結果
  • スポーツ紙予想結果ランキング
  • みんなの予想(レースを予想する)
  • みんなの予想(みんなの予想を見る)
  • 的中回数ランキング

それぞれ詳細な内容はサイトを見ていただくとして、ざっと見た感じでもなかなか楽しそうなコンテンツ内容です。使うのが楽しみです。

初心者向けのページもある

なお、ありがたいことに上記でも書きましたように初心者向けのページも用意をしてくれています。項目としては下記3つに分かれています。

  1. ボートレースの基礎
  2. 予想の仕方
  3. 予想NAVI

内容は少ないですが、とてもわかりやすいと思います。私と同じように、テレボートには登録できたけれど、まだまだボートレースについてわからないことだらけ、誰に投票したらいいかわからないなんて人は、ぜひ参考にしてみてください。

個人的にはオフィシャルWEBよりもわかりやすいと思う

ちなみに、ボートレースのオフィシャルWEBサイトにも「ボートレースガイド」という初心者用のコンテンツがあるのですが、導入としては予想NAVIのコンテンツのほうが数段わかりやすかったです。ここでボートレースの概要を理解した後に、ボートレースガイドを見てみるといいかもしれません。

 

サイト利用のための登録方法

以上、大まかですが予想NAVIのコンテンツと使い方について紹介をしました。冒頭でもお伝えした通り、このサイトを使えるのはテレボート会員のみです。テレボート会員の場合はトップページにある緑枠で示したボタンからログインする必要があります。

f:id:kabosu0618:20170510115128j:plain

左上の赤いログインボタンを押すと、ページ下部にある大きなログインボタンのところへとページ内遷移をします。

なぜかログインできなかった!?

ということで、先日ゲットしたテレボートの加入者番号等を使ってログインしようとしたのですが、なぜだかログインすることができませんでした。。

利用を開始するには最大で3週間もの期間が必要らしい

ログイン部分を改めて見てみたら下記のような記述がありました。下記画像の緑枠の部分です。

f:id:kabosu0618:20170510120107j:plain

ちょっと驚くのですが、テレボートに登録後すぐに利用できるというわけではないようです。なんか登録に手間がかかるんですね。それにしても、最大で3週間というのはかかりすぎだと思います。

ということなので、予想NAVIを使ってみた感想などは改めて書きたいと思います。

 

 

以上、ボートレース予想ポータルサイト「予想NAVI」のコンテンツと使い方を紹介しました。お読みいただきありがとうございました。

テレボート会員ページのコンテンツと使い方

前回、ボートレースの投票をするためにまずはテレボートに登録をしました。今回はテレボートにどのようなコンテンツがあるのか、それらでどのようなことができるのかといったことを見ていきます。前回の記事については下記をご参照ください。

kyotei.hatenadiary.jp

 

2017年5月にテレボート、オフィシャルWEBがリニューアル

今回は現行のテレボート・サイトの紹介をしますが、なんとこのサイト今から約1週間ほどあとの2017年5月17日にリニューアルされるそうです。

オフィシャルWEBとテレボート・サイトが統合

ボートレースのオフィシャルサイトと統合されるとのことです。現在、オフィシャルWEBのほうでも何がどう変わるかについて説明されています。基本的には今あるコンテンツはそのままで、いくつか新しい機能が追加されるよということのようです。

ですから、画面が変わるから多少の戸惑いはあるでしょうが、これから現行のテレボートの説明をしても役立つ部分はあると思います。変更内容の詳細については、下記よりご覧になってみてください。

www.boatrace.jp

それでは現行のテレボートについて見ていきます。

 

どんなコンテンツがあるのか?

メニューを見ると、下記のコンテンツが並んでいます。

  1. マイページ
  2. 投票
  3. 開催情報
  4. 投票結果
  5. 情報案内
  6. 会員サポート
  7. 設定

f:id:kabosu0618:20170509095839j:plain

正直、これだけ見てもなんのこっちゃというところです。下記ではそれぞれのコンテンツがどのような内容かを簡単に見ていきます。

1. マイページ

マイページをクリックすると下記のような画面に切り替わりました。どうやら表示項目を設定できるようです。

f:id:kabosu0618:20170509100218j:plain

マイページ設定で、マイページ表示項目の設定

このマイページは、自分でコンテンツを取捨選別して、自分だけのメニュー画面をつくれるのがウリのようです。ボートレース初心者の自分にとっては、何を選ぶべきかというのがわからないので悩ましいところです。

どこから登録すればいいのかわからない

ざっと見てみたのですが、残念ながら登録方法がわかりませんでした。下記のようにマイページの紹介ページもありますが、それを読んでもいまいちわかりません。いったん保留にして、別のコンテンツを見に行くことにします。

https://www.teleboat.jp/static/kinou/mypage.htm

※コンテンツをいろいろ見ていたら、「設定」コンテンツにマイページ設定という項目があって、そこでマイページ表示項目を設定することができました。

2. 投票

次に投票コンテンツについてです。メニューの投票ボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。

f:id:kabosu0618:20170509102412j:plain

この投票コンテンツの中でさらにコンテンツが分かれています。ページ上部に下記のようなメニューが用意されています。アンダーバー表示はメインメニューです。

  • 入金・精算(入金する・精算する)
  • 照会(投票・入金精算を見る、直前の契約を見る、場・レースを指定して照会、残高を見る)
  • 会員情報変更(お客様情報の照会・変更、認証用パスワード変更、投票用パスワード変更、暗証番号変更)
  • お知らせ
  • テレボート
  • ヘルプ
  • ログアウト

こちらのコンテンツで登録済みの銀行から口座を入金して、実際に投票をすることができるようです。上記画像の赤枠で囲んだ桐生のような場は本日レースが開催される場、一方で津のようにグレーになっているところはレースがない場のようです。

 

3. 開催情報

次は開催情報です。メニューをクリックすると下記のような画像に遷移します。

f:id:kabosu0618:20170509103555j:plain

サイトを閲覧しているその日に、どこでどのようなレースが開催されているかを一覧で確認することができます。青字部分はリンクになっていますので、クリックをすると各レースの詳細情報を確認することができます。こういう情報を見ると、がぜん早く投票をしたくなってきますね!

 

4. 投票結果

次は投票結果です。名称通り、自分が投票した結果を閲覧することができるようです。

f:id:kabosu0618:20170509104051j:plain

未だインターネットでの投票は未経験なので、残念ながら結果を照会することはできません。

また、黄色字で書いてありますが、投票したその日の結果を見ることはできないようです。

 

5. 情報案内

下記画像のように全国24場の情報を見ることができます。

f:id:kabosu0618:20170509104651j:plain

また、上記画像の赤枠で囲んだタブをクリックすると、テレボートの携帯サイトのURL、テレドーム(?)というものの一覧を見ることもできるようです。

 

6. 会員サポート

次に会員サポートコンテンツの内容です。下記画像にあるように各種情報の確認をすることができるようです。使い方でわからないことがあったり、サイトについての疑問・質問等がある時はこちらを見ればいいようです。

  • 当サイトについて
  • 会員の方へのご案内
  • 各種手続き
  • 投票操作ガイド
  • 約定・個人情報保護方針
  • FAQ・お問い合わせ先
  • ご意見ご要望

f:id:kabosu0618:20170509105038j:plain

 

7. 設定

こちらのコンテンツでは下記4項目を設定することができます。マイページ設定をはじめとして、自分が投票する時に役立つ情報をまとめたり、選んだりすることができます。投票に慣れてきたら活用していきたいコンテンツです。

f:id:kabosu0618:20170509111418j:plain

 

8. トップページ

忘れていましたが、トップページには大きく3つの項目があります。

  1. What's new(新着情報)
  2. キャンペーン
  3. 開催情報

f:id:kabosu0618:20170509111639j:plain

 

 

以上、大きく8つがテレボートの会員ページのコンテンツで、それぞれについてざっと見てきました。テレボートを活用して、投票の的中率をどんどん上げていきたいものです!

お読みいただきありがとうございました。

TELEBOAT(テレボート)会員登録の手続きの流れ

これからボートレースにじっくり取り組みたいと考えていますので、まずはネット投票するための資格である「テレボート会員」に登録をしてみました。その流れをざっと下記で紹介していきますので、同じように登録をされる方はよかったら参考にしてみてください。

 

テレボートのサイトを閲覧

まずはテレボートのサイトをチェックしましょう。下記URLのページになります。

www.teleboat.jp

会員登録ページへと遷移

ページを見ますと、下記画像の赤枠で囲んだ部分のように「会員登録はこちら」というメニューがありますので、そちらをクリックしてください。そこから会員登録を進めることができます。

f:id:kabosu0618:20170508120306j:plain

銀行口座を登録

「会員登録はこちら」ボタンをクリックすると、下記の画面へと遷移します。下記記事で詳しく紹介していますが、テレボート会員になるためには下記画像にあるように特定の銀行口座を持っている必要があります。

f:id:kabosu0618:20170508120559j:plain

銀行口座がない場合は、まずは口座開設をしよう

もし上記画像にある

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 広島銀行
  • スルガ銀行
  • じぶん銀行

いずれの口座も持っていない場合には、新しく銀行口座を開設しましょう。各行の功罪解説も上記画像のページからすることが可能です。

 

三井住友銀行の口座を登録

私の場合は三井住友銀行でしたから、上記画像の三井住友銀行のお申込みボタンをクリックして手続きへと進みました。お申込みボタンをクリックすると、下記の画像へと遷移します。

f:id:kabosu0618:20170508121409j:plain

規約については個人情報保護についての情報が記載されているページです。ページ最下部に「同意するボタン」がありますので、問題がなければそれを押してください。

個人情報(口座情報)の入力

次は個人情報の入力です。「本当に三井住友銀行に口座があるか?」ということを確認するために口座番号や名前などを入力します。

f:id:kabosu0618:20170508122129j:plain

これを入力すると、さらに銀行利用時の暗証番号等を聞かれます。それらも入力して、本人であることが確認されると、銀行口座とテレボート会員情報とのひもづけが完了します。

テレボート会員情報の入力

銀行口座の登録が完了しますと、次にテレボート利用に必要な各種情報を設定していきます。

  • 加入者番号
  • 暗証番号
  • 認証用パスワード
  • 投票用パスワード

登録画面の案内に従って情報を入力していってください。これでテレボート会員の登録は完了です。

 

登録完了メールの確認

以上の流れで、銀行口座・会員情報を登録できると、登録したメールアドレスに「登録完了メール」が届きます。

登録内容確認のクリック

メールの本文内に登録内容を確認できるリンクがありますのでそちらをクリックしてください。自分の情報がきちんと登録されているかを確認することができます。この時に登録した加入者番号、認証用・投票パスワードなども閲覧することができます。よくある本登録用のリンクではないようなので、メールが届いた後に絶対にクリックしなければならないというわけではなさそうです。

 

今後は登録した情報でログイン可能

無事に登録ができましたら、これでテレボートにログインして、各種コンテンツを利用することができます。テレボートのトップページには、下記画像の赤枠部分のようにログインボタンがありますので、そこからログインすることができます。

f:id:kabosu0618:20170508123234j:plain

ログインボタンをクリックすると、下記画面へと遷移します。

f:id:kabosu0618:20170508123350j:plain

空欄部分に登録した加入者番号、暗証番号、認証用パスワードを入力しましょう。それでログインをすることができます。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

インターネットで競艇に投票できる「BOAT RACE WEB投票」の使い方

BOAT RACE WEB投票はその名の通り、インターネット上でボートレースの投票をできるWEBサイトです。

f:id:kabosu0618:20170502165203j:plain

 

まずはテレボートで会員登録をする必要がある

下記記事で詳しく紹介していますが、BOAT RACE WEB投票を利用するためには、まずは「テレボート」と呼ばれるボートレース公式のインターネット投票会員にならなければなりません。

kyotei.hatenadiary.jp

そこで

  • 加入者番号
  • 暗証番号
  • 認証番号

を取得しましょう。「テレボート」の公式サイトから会員登録をすることができます。会員登録には指定の銀行口座を用意する必要などもあります。詳細については上記記事で紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

会員情報の確認や変更も可能

ちなみにですが、もしテレボートに会員登録はしているんだけど各種情報を忘れてしまったとか、変更したいという場合にはこのBOAT RACE WEB投票から変更することができますのでご安心ください。

 

BOAT RACE WEB投票の使い方

ここからはテレボート会員になったという前提で、BOAT RACE WEB投票の使い方を大まかに紹介していきます。

1. ログイン

下記画像の空欄部分に会員情報を入力してログインをしましょう。

f:id:kabosu0618:20170502165203j:plain

2. 入金

次にインターネット投票をするために入金をする必要があります。ネット投票は即座に入金をして、すぐにボートレースのネット投票を楽しむことができますが、レース前などの混雑時には動作が遅くなる場合もあるのでご注意ください。

きちんと入金されたかどうかはサイト内で確認することができます。「照会する」というメニューから残高情報をチェックしましょう。

3. 通常投票

ここまでできたら、あとはもう投票するだけです。投票方法は基本的に手書きの舟券と一緒になります。ここでは大まかな手順だけ紹介します。

  1. レース開催中の場で投票する場所を選ぶ
  2. 何レースに投票するかを選ぶ
  3. 勝式(3連単、3連複、2連単など)を選ぶ
  4. 投票方法(通常、ボックス、フォーメーション)を選ぶ
  5. 予想内容と投票金額を設定
  6. 投票する

なお、手書きの舟券での投票と同様に、締め切り時間を過ぎてしまうと購入できませんので、投票の締め切り時間にはご注意ください。

4. 投票内容を確認する

投票がきちんとできているか、サイト内で確認することができます。念のために、自分の購入した内容が反映されているかをチェックしましょう。下記の内容を照会することができます。

  • 契約一覧(投票)
  • 契約一覧(入金精算)
  • 直前の契約
  • 場・レースを指定して照会
  • 残高確認

5. レース情報の確認をしよう

レース直前の情報もBOAT RACE WEB投票のサイトで確認をすることができます。サイト内で出走表や直前情報、オッズなどを見ることができます。これらも確認して投票先を決定したほうが、より的中の精度を上げられるはずです。

6. レース結果を確認しよう

レースが終了したら、結果がどうなったのかを確認しましょう。サイト内でレース結果の一覧、3連単、2連単の払戻金等の確認をすることができます。

7. 清算をしよう

レース結果によって、メニューから精算することができます。的中していれば、精算金額が利用銀行に振り込まれます。こちらも入金時と同様に、混雑時には処理に多少時間がかかる場合があります。

 

さらに詳しい操作方法はPDFで確認可能

以上、大まかですがBOAT RACE WEB投票の使い方を紹介してきました。操作画面自体はわりと直感的にわかりやすくなっていますのでおそらくすぐにご理解いただけると思いますが、もっと詳しく知りたいとか、わからない場所があったという場合には、操作マニュアルをPDFで閲覧することもできるのでご安心ください。

 

BOATRACEアプリとは?

ちなみにですが、このBOAT RACE WEB投票とほぼ同じ内容でBOATRACEアプリというスマートフォンアプリもあります。内容はほぼ一緒ですから、インターネット投票の際はBOAT RACE WEB投票をご利用されてもいいですし、BOAT RACEアプリをお試ししてもよいでしょう。自分が使いやすいほうをお選びください。

さまざまなインターネット投票の方法

なお、実はこのアプリ以外にも会員登録をするテレボート自体からも、インターネット投票をすることができます。2017年5月17日からはボートレースの公式ホームページからも投票ができるようになるとのことです。

これらも基本的にできることは一緒ですから、どれを使っていただいても構いません。いずれも上述のように、ご自身でお試しになってみて、使いやすい方法でインターネット投票をお楽しみください。この点については、冒頭で紹介した記事でさらに詳しくご紹介しています。併せてチェックをしてみてください。

 

 

以上、BOAT RACE WEB投票について紹介しました。

お読みいただきありがとうございました。