初めてのボートレース(競艇)ガイド

初めて競艇を学ぶ方のためのマニュアルサイトです。

クリント・スミス 沈黙のもたらす危険

今回は沈黙のもたらす危険という動画です。タイトル的に沈黙することは危険にもなりうるよという話だと思うのですが、翻訳を読んでもいまいち話がわかりませんでした。なんか変に小難しく言っているような気もして、それもめんどくさくなってしまった理由でした。

 

あと、英語の話もすんごい早口で聞き取るのが難しかったです。今までで一番聞き取りづらい動画でした。また改めて別の機会に再チャレンジしたいです。

投票することの難しさと時間の効率

ヴィーナスカップの2日目ですが、いくつかのレースに早速投票をしてきました。さくっと決めるつもりだったのですが、迷う迷う、結局2時間くらいかかって投票を終えました。

それだけ時間をかけたものの、今回の投票内容からするとよほど上手く当たっても1万円いくかどうかくらいの話です。果たして、それだけの稼ぎのためにギャンブルをする必要があるのか?ちょっと考えました。

 

他のことに時間を使ったほうが儲けられる

これだけ考えて研究しても、上記のように儲けはそれほどではありません。それに場合によってはそれにすら届かないことがほとんどです。お金を稼ぐのが目的であれば、明らかに仕事をしたほうがいいでしょう。いわゆるアルバイトならば時給1,000円、正社員の仕事なら時給2,000円くらいもらえると思います。

ですから、ただお金を稼ぐということであれば、よほど大きく賭ける度胸がない限りは、普通に働いたほうがずっと効率がいいはずです。

 

投票方法を効率化できるか?

それなら、もっと投票を効率化すればいいじゃないか?という話もあるかと思います。たまに聞く競馬とかの自動投票システムにはこういう考えが多少あるのでしょう。また、ギャンブルには運の要素が付きまとう以上、自分の頭で考えたところで、どうしても思い通りにいかないものです。

そう考えると、最も確率の高そうなところに自動的に投票する、それは非常に効率的なことのように思えます。

でも、それを自分ができるか?というと、難しいところもありますし、心情的にもそこまでやろうとは思っていません。

 

大きく賭けられるか?

だったら、がつんと大きなお金を賭けて、どでかい勝負をすればいいじゃないかという考えが次にくるでしょう。これもどうかというと、NOです。

個人的なことですが、これまでわりと不安定な生活を送ってきて、どうにか今は普通の生活を送れるようになりつつあります。それを手放すリスクを負うというのは、自分のため家族のためにやろうとは思えません。

 

ボートレースに投票し続けるメリットはある?

なんだかどんどんマイナスな感じになっていますが、以上を踏まえると、私が今後ボートレースを続ける意味はあるのかな?と考えてしまいます。

正直なところメリットはあまり見出せません。これがストレス解消になっていればいいのですが、外してしまうとやっぱりだいぶがっくりもきます。なんでなんだ…と落ち込みもします。的中率が低いのに時間とお金を投じたことを後悔もしてしまいます。そう考えると、続ける意味はあまりないのかなというのが今の結論です。

ボートレースのことを学べたことはよかった

ただ、もちろん、短い期間ではありましたが、ボートレースとは何か、ギャンブルとは何かを学べたことには大いに意味があったと思っています。新しい世界を見られたこと、何かを学ぼうと努力したこと、そして多少ながらも知識と経験を得られたこと、ボートレースを見てみてよかったことは確かです。

 

投票活動の終了

ということで、今回の記事を区切りに一度投票をするのはストップしようと思います。レースを見ると少し投票したくもなるでしょうから、レースを見るのもしばらくはやめようかなと思います。今後何に時間を向けるべきかはゆっくりと考え直します。

初めてのボートレースガイドなどと名乗っておきながら、全くガイドになっていなかったので反省はありますが、そんな風に体系的に情報を提供する余裕がなかったというのが正直なところです。

 

ボートレースは初心者に冷たい?

私自身、全くの初心者で今回初めていろいろ勉強したわけですが、ハッキリ言って、学び方にはとても苦労しました。難しいです。公式のコンテンツはいろいろありましたが、それを読んでスムーズに理解できるかというと、かなり難しいかなと思います。

レースを見たり、選手を見たり、そうしたことを上手いこと組み合わせないと、なかなかボートレースを楽しめるようにはならないと思います。あとは、ギャンブルの正しい賭け方などについてのレクチャーも必要ですね。

 

初心者がスムーズにボートレースを学べるためのサイトとは?

そう考えると、今回一番大きな収穫だったのは上記の、ボートレースが初心者のためのコンテンツをまだ整備できていないという点でしょうか。

今後、少子高齢化が進む中でボートレースのみならず、ギャンブルはおそらくどんどんユーザーが減少していくのではないでしょうか?そうした時、初めての人が親しみやすいサイトが存在することには大いに価値があると思います。自分が大変だったことを思い出しながら、そうしたサイトをつくるのもいいかなと少し思います。

 

失敗しても再チャレンジする強さ

あと、もう1つ。初めてギャンブルにチャレンジしてみて、失敗前提だからこそ、その失敗をいかに次に活かすかという心の持ちようも少し学べた気がします。失敗の原因を考えて改善する、強制的にPDCAを回すような思考が少し鍛えられたように思います。あとは失敗を前向きにとらえる心。

これを学びに普段の生活でも、恥をかくことを恐れずに、もっともっとさまざまなことに挑戦していこうと思います。

ヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップのレース結果と振り返り

ほぼ結果が出そろったところで本日のシンデレラカップを振り返っていこうと思います。結果としては1つ当たったものの、思いのほか予想が外れてしまう結果でした。

 

総括

正直なところ、手間をかけた割にはあまりあたりませんでした。最終的に1,000円投票して、660円の払い戻しです。ただ、今回のレースで選手についてさらに詳しく知れたとは思っています。それはプラスです。

もしかして初日は避けて、2日目から投票したほうがよい?

何かで見ましたが、1レースはモーターもボートも整備されていない場合が多い。そのため、投票は避けたほうがよいのかもしれません。明日からどうすべきか悩みますが、今後は2日目から投票するようにしようかと思います。

それでは1レースずつ見ていきます。

 

2レース

予想は4-1-3、4-1-2でしたが、結果は4-5-3でした。

レースで思ったこと

このレースで感じたことをいくつか簡単に書きます。

スタート大事

このレースで思ったのはスタートの重要性です。4号艇が圧倒的に早い。

戦略大事

3号艇の黒澤選手は途中から減速して差しを狙っているように見えます。こういった戦略を想定することも大事かも。でも、さすがにそれは無理か。

信頼できる選手を探す

予想は大事なのでしょうが、選手数が少ない女子だからこそ、好きな選手、信頼選手を見つけるのもいいなと思いました。特にB2は誰が誰かわからないので、レースを見る中で信頼できる選手を見つけようと思います。

4レース

予想は6-2-3、6-2-1でしたが、見事に外れました。2-3-6でした。

コース取りが重要

特にA1の人が6コースにいる場合なんてのは、どこのコースに行くかで全然変わってきますね。これを事前に見切るのはどうなのか、よくわかりませんが知りたいところです。

1コースでも上位に入れない選手がいる

2レースで1コースにいた内田選手もそうですが、今回の加藤選手もまるっきり上位にからむことはできませんでした。もちろん運もあるし、モーターの性能もあるのでしょう。でも、やっぱり1コースでいい成績を取れないと、今後は投票対象にしようという気持ちはどうしてもなくなってしまいます。

6レース

ここは1-3-6でしたが、1-3-2でした。A級だからと言って信頼してはいけないということです。落合選手は残念ながら上位に来ませんでした。コース取りやモーターもあるのでしょう…

Aコースでも6コースから2連単は厳しい

やはりいくらAコースと言えでも、6コースから1着、2着に切り込むのは簡単ではないということですね。

7コース

1-4-5で的中しました。大豆生田 蒼選手に感謝。

8コース

3-1-2、3-1-4に投票して、3-5-1でした。またもインの1、2にがっかり。ただ、今回は5コースの市村 沙樹選手が第一ターンマークですごかったように思います。

9レース

4-1-3、1-4-3で投票しましたが、大きく外れて4-6-1でした。内田選手とインコースを信頼しすぎました。

 

今回のレースを受けて

誰に投票するか、戦績も重要かと思いますが、選手本位、印象探してみるのもいいなと思いました。

今回いいなと思った選手

  • 真子 奈津実
  • 瀧川 千依
  • 横田 悠衣
  • 大豆生田 蒼
  • 市村 沙樹

微妙だと思った選手

内田 亜希子

加藤 奈月

原 加央理

西坂 香松

今後重要視していきたい選手

  1. 4123細川 裕子 A1
  2. 4190長嶋 万記 A1
  3. 4399松本 晶恵 A1
  4. 4482守屋 美穂 A1
  5. 4502遠藤 エミ A1
  6. 4823中村 桃佳 A1
  7. 4286平田 さやか A2
  8. 4289落合 直子 A2
  9. 4464山下 友貴 A2
  10. 4117廣中 智紗衣 B1
  11. 4183宇野 弥生 B1
  12. 4478櫻本 あゆみ B1
  13. 4746大生田 蒼 B1
  14. 4758富樫 麗加 B1
  15. 4885大山 千広 B1
  16. 木村 沙友希 B1

ちょっと調べたい選手

  • 真子 奈津実
  • 瀧川 千依
  • 横田 悠衣
  • 市村 沙樹

 

ここからスタートが早い選手を中心にさらに絞り込んでいこうと思います。

という感じです。

常滑シンデレラカップの結果を前日に予想してみる

ヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップの出走表が発表されました。まずは前回の記事で書いた誰がどのモーターになったかを見ていきます。下記は勝率上位の10モーターです。それぞれ誰が手にしているかを見てみます。

 

勝率上位モーターの取得者

  1. 4 / 6.81 / 33.30%(渡邉真奈美)
  2. 54 / 6.34 / 29.50%(大豆生田蒼)
  3. 24 / 6.25 / 27.00%(守屋 美穂)
  4. 6 / 6.17 / 28.10% -
  5. 50 / 6.04 / 23.70% -
  6. 22 / 5.93 / 22.30%(出口舞有子)
  7. 33 / 5.93 / 23.70%(菅野はやか)
  8. 9 / 5.9 / 24.10%(富樫 麗加)
  9. 32 / 5.89 / 20.10%(黒澤めぐみ)
  10. 29 / 5.85 / 21.10%(勝浦 真帆)

 

各レースの結果予想

以上と、これまでの調べた結果をもとに各レースの結果を予想してみます。パッと見てみましたが、事前にいろいろ見たものの、どうすればいいのか非常に迷います。予想は難しいです。

1レース

  1. 菅野はやか
  2. 石井 裕美
  3. 塚脇 奈美
  4. 深見亜由美
  5. 西岡 育未
  6. 清水さくら

難しい。菅野選手が1位にはなりそうだけど、あとは難しい。

2レース

  1. 内田亜希子
  2. 村上 奈穂
  3. 黒澤めぐみ
  4. 宇野 弥生
  5. 横田 悠衣
  6. 森田 太陽

1-4か4-1はほぼ確実な気はする。3番手に誰が来るのか、そこが重要。内田選手が1コースだとスタートかなり遅いので、4-1のほうが優勢か。インが有利と考えると、4-1-2か?

3レース

6コースに松本選手がいるがさすがに1着は無理だろう。という気もするが…1-6-3、もしくは6-3-1というところか?難しい。

4コース

加藤選手はあまりよくない。ということで、2-1-6か2-6-1というところだろう。富樫選手はモーターもいいし。

5レース

中村選手は2コースが強い。ということで、2-1-3というところだろう。

6レース

守屋選手はモーターがよく1コースも得意。これは確実だろう。次に大山選手。それから6コースで不利ですが、落合選手が上がってくるはず。ということで、1-3-6ではないかと思います。

7レース

長嶋選手は当然1位。次はインの小池選手と大豆生田選手の争い。1-2-5か1-5-2。

8レース

遠藤選手は間違いない。残りの選手はよくわからんが、インでB1有利なので、3-1-2というところか。

9レース

やはりA級の山下選手が優勢か。あとは西坂、内田が注目。西坂選手は1コースのスタートが早い。得意っぽい。そうなると、1-4-3、1-3-4というところだろう。

10レース

強い選手がたくさん。1位はやはり宇野選手。ここから先は難しく加藤選手か大山選手だろう。だから、1-3-5か1-5-3だな。

11レース

強い人が明確。1-3-4か1-4-3かな。

12レース

見どころ。難しい。1-3-4か1-4-3か。1が1着を外すことはやや考えづらいか。

 

 

今回初めてかなり気合を入れて予想をしましたが、めっちゃ大変です。予想屋の皆さんをちょっと尊敬しました。あとは、明日のプロの予想を見るのと、地元選手と気候のチェックか。

常滑シンデレラカップに向けて、勝率の高いモーターとスタートタイミング順を調べてみた

ボートレースにおいて、モーターは勝敗を決するうえで重要な要素だと言われています。先日購入した書籍では、選手よりもモーターの調子を見よ、みたいな言葉も書かれていました。

以前からいろいろと見てきたヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップですが、開催がとうとう明後日にまで迫ってきました。そこで、事前に常滑のモーターについてざっと見ておこうと思います。

 

常滑の勝率上位のモーター

ちょっとわかりづらいですが、下記の項目で見てみました。

番号 / 勝率 / 1着率

  1. 4 / 6.81 / 33.30%
  2. 54 / 6.34 / 29.50%
  3. 24 / 6.25 / 27.00%
  4. 6 / 6.17 / 28.10%
  5. 50 / 6.04 / 23.70%
  6. 22 / 5.93 / 22.30%
  7. 33 / 5.93 / 23.70%
  8. 9 / 5.9 / 24.10%
  9. 32 / 5.89 / 20.10%
  10. 29 / 5.85 / 21.10%

モーターの勝率はどこまで信頼できるのか?

上記のように勝率トップのモーターが出てきました。全部で60機あって、勝率が低いものだと4点台のものも多数あるので、上記の数字はそれなりに信用できそうな気はします。

ただ、勝率は誰が載ったかによってもかなり上下するはずですから、あまりに過信してしまうのも危険です。上記10位を当てた人についてはある程度プラスで見るくらいにしておいて、残りの50機は投票に際してはあまり気にしなくてもいいのかなと思います。

 

スタートタイミング順位をチェックしてみる

一方で、今回それと同じくらい重要視したいなと思っているのが、スタート順です。単純に某サイトで重要だと言われていたからなのですが、モーター成績に併せてこちらもチェックしてみようと思います。

ちなみに、数字はボートレースオフィシャルサイトの選手紹介ページを参考にしました。集計期間は2016/05/01-2016/10/31です。

細川 裕子

  1. 3.30
  2. 3.50
  3. 3.40
  4. 3.80
  5. 4.20
  6. 4.80

1コースなら期待できる。

長嶋 万記

  1. 3.20
  2. 3.50
  3. 3.30
  4. 3.20
  5. 3.80
  6. 4.00

1、4なら期待できる。スゴイ選手のはずだけど、スタートがとびきりいいわけではなさそう。

松本 晶恵

  1. 4.10
  2. 3.30
  3. 3.30
  4. 2.70
  5. 2.90
  6. 3.10

4コースなら期待できる。

守屋 美穂

  1. 2.60
  2. 3.20
  3. 3.00
  4. 2.50
  5. 3.10
  6. 3.20

 1コース、4コースは期待できる。スタートは得意な選手っぽい。

遠藤 エミ

  1. 3.10
  2. 2.10
  3. 2.20
  4. 2.50
  5. 2.50
  6. 2.90

 2~4コースの時は非常に期待できる。特に2が異様に得意。スタート得意っぽい。

中村 桃佳

  1. 2.60
  2. 2.70
  3. 2.90
  4. 2.90
  5. 2.90
  6. 3.20

特に1コースのスタートがすごい。また、全体的に早い。

平田 さやか

  1. 2.40
  2. 2.70
  3. 2.60
  4. 2.90
  5. 3.10
  6. 4.20

1~3コースだと早い。特に1コースは早い。

落合 直子

  1. 3.40
  2. 2.90
  3. 3.00
  4. 2.60
  5. 3.50
  6. 4.40

全体的に早いわけではない。4コースに来たら期待。

山下 友貴

  1. 3.20
  2. 3.40
  3. 3.10
  4. 3.50
  5. 3.60
  6. 3.20

スタートは全般的に普通。1、3の時は期待か。

 

ここから先はB1選手です。

廣 中 智紗衣

  1. 4.80
  2. 4.70
  3. 4.00
  4. 3.40
  5. 2.30
  6. 5.00

A1、A2級に比べると圧倒的に遅いです。実はこのスタートタイミングの早さ、スタート順がA級とB級の壁になっている?ただ、5コースの時は期待か。

宇野 弥生

  1. 3.10
  2. 3.00
  3. 2.70
  4. 2.40
  5. 2.10
  6. 3.20

と思ったら、この人は早い。4、5コースの時は特に期待か。

櫻 本 あゆみ

  1. 3.00
  2. 3.10
  3. 2.70
  4. 2.80
  5. 3.30
  6. 4.10

3コースの時は期待!

小 池 礼 乃

  1. 2.80
  2. 3.60
  3. 3.40
  4. 3.20
  5. 3.40
  6. 3.60

鈴木 成美

  1. 2.60
  2. 2.30
  3. 1.90
  4. 2.10
  5. 2.70
  6. 3.70

3コースの時は異様に早い。大いに期待。

大豆生田 蒼

  1. 4.10
  2. 4.20
  3. 3.30
  4. 3.40
  5. 3.30
  6. 3.30

木 村 沙友希

  1. 2.90
  2. 3.00
  3. 2.60
  4. 2.50
  5. 2.70
  6. 2.80

菅 野 はやか

  1. 4.30
  2. 4.50
  3. 4.60
  4. 3.20
  5. 4.00
  6. 5.60

加 藤 奈 月

  1. 3.70
  2. 4.70
  3. 3.20
  4. 4.00
  5. 3.60
  6. 4.10

西 坂 香 松

  1. 2.60
  2. 3.60
  3. 3.30
  4. 2.90
  5. 3.60
  6. 4.00

富 樫 麗 加

  1. 3.90
  2. 3.70
  3. 3.80
  4. 3.50
  5. 3.10
  6. 4.60

内 田 亜希子

  1. 5.40
  2. 3.40
  3. 4.30
  4. 2.70
  5. 3.60
  6. 4.20

大 山 千 広

  1. - -
  2. - -
  3. - -
  4. 2.80
  5. 3.60
  6. 3.70

 

今回のレースで注目したい選手

さて、これまでヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップに出場する選手についていろいろと見てきましたが、データを見た結果として今回特に注目したい選手は下記の人たちです。

  1. 4123細川 裕子 A1
  2. 4190長嶋 万記 A1
  3. 4399松本 晶恵 A1
  4. 4482守屋 美穂 A1
  5. 4502遠藤 エミ A1
  6. 4823中村 桃佳 A1
  7. 4286平田 さやか A2
  8. 4289落合 直子 A2
  9. 4464山下 友貴 A2
  10. 4117廣中 智紗衣 B1
  11. 4183宇野 弥生 B1
  12. 4478櫻本 あゆみ B1
  13. 4244鈴木 成美 B1
  14. 4746大生田 蒼 B1
  15. 4758富樫 麗加 B1
  16. 4125内田 亜希子 B1
  17. 4885大山 千広 B1

あとは、モーターとコース取り次第かなと思います。

B2は素人目に見てもターンが荒く見えることが多いので、今回の投票では基本的に除外させていただきます。

A2級女性レーサー3人の戦績等を見てみる

以前の記事で6/1から開催されるヴィーナスシリーズ第3戦 常滑シンデレラカップの紹介をしました。出場する選手、注目選手などを記事で紹介していましたが、今回は残っていたA2級の選手3人を紹介いたします。

以前の記事については下記からご覧ください。

kyotei.hatenadiary.jp

それでは、A2級選手3人を紹介していきます。

 

平田 さやか

まずは平田さやか選手です。94期東京支部に所属し今期も勝率5.57と高い成績を出しています。残念ながら直近のポカリスエットカップでは転覆してしまいましたが、常滑シンデレラカップでも大いに期待できる選手だと言えるでしょう。

  • まくりが得意
  • 最近は差しもめきめきと上達中
  • 夏場は苦手、冬場が得意
  • 1、2コースに来た時に3連対は安心、スタートタイミングを見てもインは得意っぽい
  • 実は6コースが期待、3連対率が57.1%
  • 常滑はあまり得意ではないっぽい

趣味はルービックキューブだそうです。

 

落合 直子

次は落合選手です。大阪支部の94期で、上記の平田選手とは同期ということになります。平田選手とは同じA2級ですが、落合選手は既に3回の優勝経験があります。最近だと2015年5月の九州プロレス杯です。

今期は非常に好調で勝率は6.13と高水準です。どのコースからも5割以上の3連対率を出しており、特に1コースと3コースでは1位が多く、4コースならほぼ確実に3連対を狙える成績です。

常滑は得意というわけではないようですが、今回のレースでも非常に期待できる選手だと言えるでしょう。

特徴としては

  • スタートが女子選手の中ではトップクラスの実力
  • 3コースも強い、スタートタイミングはほぼベスト(まくりのほうが得意?)、4コースもスタートタイミングが良い

 

山下 友貴

3人目は山下選手です。静岡出身の101期生。上の2人よりは少し後に入ってきた選手ですね。今期の成績は落合選手を上回る6.27です。とりわけすぐれているのが1着の多さです。データを見ると1コースでの勝率がずば抜けて高いので、そこが今期は強いのかもしれません。

優勝経験も既に豊富で少し前ですが、2012年と2013年の2年間でなんと5回も優勝しています。地力の非常にある選手だと言えるでしょう。その分、ここ最近優勝がないのが気がかりではありますが、2016年後期にはA1級に昇格もしていますので、その実力はますます上がっていると考えてよいでしょう。

特徴は

  • とりわけ目立った強みはないが、何でもできるオールマイティーさが魅力
  • まくり差しは上手。なので3、4コースの時は期待してもいいかも
  • 1コースが圧倒的に強い
  • 常滑はわりと良い成績

Aの皆さんは皆そうですが、この山下選手は今期の好調ぶりを見ても非常に期待できそうかなと思いました。

 

レース動画を見てみること

さて以上、ざっと3選手の特徴を見てきました。何となくわかったように思いますが、これだけで当日の投票を判断するのは難しいです。やはり実際のレースの様子を見てわかることもたくさんあると思います。また、上記の数字も男子との混合戦を含めての数字ですから、女子戦ではまた違った姿も十分に考えられるでしょう。

大山千広選手の勝ちへのこだわり?

そんな感じで動画を見ていて印象に残ったのは、大山千広選手です。大山選手はお母さんがボートレーサーということで有名なのだそうですが、そこは抜きにしてもレースを見ていると、とにかくぐいぐい攻めている感じが伝わってくるんです。

最初のターンマークでは後半にいても、徐々に徐々に上がってきて、最終的に3位や2位に入るなんてことも珍しくありません。本人がどう思っているかはわかりませんが、こちらから見るとその勝利への執念のようなものには大いに期待してしまいます。

 

 

というわけで、上記3選手もレース動画を見て、じっくりと参考にしたいと思います。

レース展開予想の基本的なこと

さて、前回の記事ではボートレースの引き波について紹介しました。同時に引き波という事象そのものよりも、レースにはどういった展開があるかのパターンを把握することが、投票を的中させるためには大事ではないかと考えました。

kyotei.hatenadiary.jp

今回は、レースの展開にはどのようなパターンがあるのか、それをざっと見ていこうと思います。

 

1コースが全身全力で逃げる場合

一番多いのはこれだと思います。実際、どの場でも1位になるのは1号艇で、その決まり手はほぼ全てが逃げになっています。インが優位というボートレースの特性ですから、これが最も信頼できる予想だと言えるでしょう。

しかしながら、当然他の艇も勝つことを狙っているわけで、それがどう崩れるかについて、下記では見ていきます。

4コースがカドから超スピードでまくりにくる

次に代表的な展開が、スピードにのったダッシュのカドである4コースが、一気にまくってしまうパターンでしょう。もしくは、4コースの場合にはまくり差しというパターンも多いようです。

2コースが1コースの隙をつき差してくる

もう1つ、代表的な選択肢が、2コースによる差しです。1コースがターンでちょっと膨らんだ隙をついたりして、一気に抜いてしまうこともよくあるようです。2コースが1着になるのは、たいていがこの差しでの勝利です。

他のコースの決まり手

以上が代表的なパターンです。3コースについては差しもまくりもありえて、5、6コースは4コースと同様にまくりかまくり差しという感じだと思います。

 

たいていは乱戦だが、パターンもあるはず

以上が、ざっと簡単な展開の流れにはなりますが、1着の流れはおおよそわかっても、2着、3着についてまでどうなるかというのは、個人的にはかなり予想困難な気がします。

不利だと思っていた5コース、6コースが第一ターンマークでいきなり2着、3着まで上がってくるなんてケースもよくあります。第一ターンマークでの小競り合いによって、それこそ引き波などの影響があって、それを予想するのは簡単ではないということでしょう。

ただし、ある程度の法則は見いだせる?

そうはいっても、全く予想できないというわけでもないようです。というのも、たとえば4コースが外から一気にまくった場合、インの3つのコースは4コースの引き波をもろにかぶります。そうなると、5コースが2着に入ってくるパターンというのが増えてくるそうです。ですから、4コースが明らかにスタートもモーターも良いなんて場合は、4-5で予想すると当たる可能性は上がるかもしれません。

 

レース隊形を理解しよう

以上のように、レース展開の基本的なところを見ていきました。正直、これだけでどうこう言えるようなものはありません。本当にざっくりわかったというだけです。

この先勉強するのは、知識も大切ですが、実戦をたくさん見ることも大切かなと思います。場ごとによくある展開も異なるでしょうから、まずはたくさんのレース動画を見ようと思います。

また、次に勉強しておきたいのはレース隊形についてです。スタート展示の情報は直前情報として公開されますが、それを見ても正直各選手の意図を掴むことがまったくできません。それがわかれば、もう少し予想がしやすくなるのかなと思います。

 

 

次回は、上記2点についてどんな感じだったかを書いていこうと思います。